ネットビジネス〜ブログ作り・集客・コンテンツ販売〜完全まとめ

アフィリエイト報酬

Contents

 

 

 

ネットビジネスを始める時の壁。ブログの種類編

 

 

アフィリエイトを始めるには、自由に広告を貼り付けることができる場所をウェブ上に用意しなくてはいけません。

 

 

 

 

一からウェブサイトを立ち上げる方法もありますが、より簡単なのがワードプレスでブログを開設する方法です。

 

 

ブログなら記事を書いて投稿しリンクを更新するといった一連の流れが自動で完了するため、管理が簡単です。

 

 

Pingサーバーへの通知も自動なので、検索エンジンへのインデックス登録もスムーズです。
まずは自分だけのブログを作ることから始めてみましょう。

 

 

 

 

■ブログには無料と有料のサービスがある

 

 

 

ネット上で使えるブログサービスには、無料で作れるものと、料金を支払う必要がある有料のものとがあります。

 

 

無料のブログサービスでは、はてなブログやアメーバブログ、ライブドアブログなどが有名です。

 

 

もう一方の有料のブログは、レンタルサーバーを借りてそちらにワードプレスをインストールするといった使い方が一般的です。

 

 

どちらにもメリット、デメリットがあるので、その違いを知っておきましょう。

 

 

 

 

■無料ブログのメリット

 

無料ブログのメリットは何と言っても、0円で始められる点にあります。

 

メールアドレスさえ用意すれば開設できるため、金銭的な負担感がないのは有利です。

 

 

無料であるため、複数のブログを量産するのも簡単にできます。

 

 

アフィリエイト用のブログを運営し始めると、テーマ別に独立させたくなることや、アクセスが稼げそうなキーワードを探すために別ブログを立ち上げたいと感じることがあります。

 

 

 

そんなとき、無料ブログならいくらでも増やせるので便利です。

 

ブログを使い慣れていない初心者の方にも、無料ブログは適しています。

 

 

 

開設した時点で基本的な機能が全て使える状態になっており、ヘルプページも充実しているため分からないときでもすぐ解決できるからです。

 

 

 

 

 

■無料ブログのデメリット

 

 

 

一方で無料ブログにはデメリットもあります。
最大の難点が、運営会社による広告が自動で貼り付けられてしまうことです。

 

 

 

広告のサイズが大きい上に、記事下のようなクリック率の高い場所がすでに取られていることもあります。

 

 

これでは自分が貼り付けた広告の効果も半減してしまいます。

 

 

加えて、ブログサービス自体が個人のアフィリエイトを禁じているケースもあります。

 

 

規約に書かれているので事前に確認すればよいのですが、ブログを作ってしばらくしてから禁止であることに気づくと大変です。

 

 

 

 

アフィリエイト可能な無料ブログでも、内容によってはブログごと消される恐れもあります。
どれだけ注意をしていても運営会社のさじ加減でブログがなくなるのですから、利用には常に不安がつきまといます。

 

 

 

 

■ワードプレスブログのメリット

 

 

 

 

ワードプレスブログの長所は、一度開設してしまえば完全に自分だけのウェブスペースを持てる点にあります。

 

 

機能やデザインテンプレートのカスタマイズの自由度は非常に高く、SEOを考慮した最適化も容易です。

 

 

運営会社にブログを消される恐れもないため、確実に自分だけの資産を作り上げることができる安定性も魅力です。

 

 

広告も自由に貼り付けられるなど、あらゆる面で高い満足度を得られるブログと言えるでしょう。

 

 

 

■ワードプレスブログのデメリット

 

 

 

有料であることや、機能が豊富であるため使いこなすには知識が求められる点などはデメリットと考えられるかもしれません。

 

 

しかし有料といっても毎月の料金は非常に安く、アフィリエイトによる安定した収益が期待できることを考えると利用する価値は大いにあります。

 

 

ワードプレスは世界的に利用されており、情報を入手しやすい点も有利です。

 

 

 

 

■アフィリエイトにはワードプレスがおすすめ

 

 

 

以上のことを踏まえると、アフィリエイトはワードプレスブログで始めるのが一番と言えそうです。

 

 

広告を自由に貼り付けられる上、ずっと自分だけのブログとして続けられる安心感もあります。

 

 

 

 

豊富な機能も、使い方を知れば知るほどアフィリエイトの収益アップに繋げられると言えるでしょう。

 

簡単に始められるアフィリエイトは、今では多くの人が副業やサイドビジネスとして活用しています。

 

 

あなたも今すぐワードプレスでその一歩を踏み出しましょう。

 

 

ネットビジネスを始めた後の壁。記事のネタ編

 

 

 

 

せっかくアフィリエイトを始めても、記事のネタがなければ何を書けばいいのか困ってしまいますよね。記事の内容によってアクセス数も変わってくるので、ネタは大事なポイントです。こうした時の対処法について紹介します。

 

 

 

●記事のネタに困った時の対処法について

 

運営しているのは自分なので、1日に何記事書けばいいのか、具体的な数が決まっているわけではありません。1記事でたくさんのアクセス数があれば、その分稼ぐこともできますが、始めたばかりだとそれも難しいです。

 

 

 

一時的に集中するアクセスでは継続して稼いでいくことはできません。記事のネタを考えるのは、アフィリエイトをするにおいてとても重要なんです。

 

 

 

・検索結果に表示されるようにする

 

自分の好きなことを書くのは悪いことではありません。興味のあることを書けるので、アフィリエイトに挫折する可能性を低くすることもできます。ですがこの場合だと、Yahoo!等のWebサイトで行われる検索に、あなたのブログがひっかかることが難しくなってしまいます。

 

 

 

 

検索して出た結果を頼りにサイトを探していくので、この時の検索ワードにあなたのブログがひっかからないと、他者にブログを見てもらえません。ですから、まずは多くの人にアクセスしてもらうため、Googleキーワードプランナーを利用しましょう。

 

 

 

 

Googleキーワードプランナーでは、どんなキーワードで検索されているのか把握できます。多く検索されているキーワードを活用することで、複数の人が目を留める記事のネタにできます。

 

 

 

 

・ニュース記事からヒントを見つける

 

テレビで報道されるニュースや、Yahoo!ニュースから記事のネタを集めることもおすすめです。毎日違ったニュースを紹介しているので、お堅いものからほのぼのとしたゆるいニュースなど、ジャンルも様々です。興味を持てる分野のニュースが取り上げられている事もあるので、できるだけ好きな事を書きたい人におすすめです。

 

 

 

ニュースだけでは分からない時は、Twitterでキーワード検索してみましょう。ユーザーの考えを知ったり、気持ちを理解することができるので、シェアされやすい情報について把握したり、学ぶこともできます。

 

 

 

●記事の外注も

 

アフィリエイトの記事に困った時や、効率化をはかりたい時には、外注化をすることもおおすすめします。あなたの収入と自由な時間を増やしながら、アフィリエイトを成功させる手助けもしてくれるでしょう。

 

 

始めてのアフィリエイトでは、記事を書くのも手探り状態となってしまう人も多いです。記事を見て貰うための対処方法を取りながら、アクセス数を稼いでいきましょう。

 

 

ネットビジネスを始めた後の壁。SEO編

 

 

勘違いしやすいSEO対策を稼ぐために活用しよう

 

 

 

■アフィリエイトを始めて起こる乗り越えたい一番の壁とは

 

 

 

アフィリエイトでは広告のクリック数や、広告を通じての商品の購入やサービスの利用に繋がらないと利益が上がりません。

 

 

そのためのアクションへ繋げるのも重要ですが、それ以前に広告までたどり着くよう、サイトの認知度や検索度を高めることが大切になります。

 

 

 

ネットユーザーが興味あるキーワードで検索をした際に、いかにご自身のサイトが上位にいくかがポイントになります。

 

 

検索エンジンで検索した際に上位にいくための対策が、サーチエンジン最適化とも呼ばれるSEOです。

SEOは検索エンジンの高機能化や、上位に表示させるサイトの高品質化のニーズなどに伴い、時代や環境とともに変わってきています。

 

そのため、古い知識や時代錯誤の情報をもとにSEO施策を行うと、いつまでも上位にランキングされないどころか、サーチエンジンによって下位に落とされてしまうこともあるので気を付けなければなりません。

 

 

 

■キーワードを量産し過ぎない

 

 

 

かつてSEOといえば、とにかく関連するキーワードやネットユーザーが検索しそうな話題のキーワードなどを、サイト内に量産すればいいといわれていました。

 

 

とにかくキーワードをむやみやたらに入れて記事やコンテンツを作り、掲載するだけでランキング上位にヒットしたのです。

 

ですが、今の時代は検索エンジンが高精度化しており、キーワードの数だけが多いサイトは、ユーザーの関心を引くだけのサイトであり、内容の薄いサイトと判断される場合や、信頼度や信憑度の低いサイトと判断されて、上位から外されてしまいます。

 

 

 

そこで、現在の対策としてはキーワードを適量含みつつ、ネットユーザーに信頼を持たれるようなサイト作りが大切になっています。

 

 

 

■リンクが信頼性を高めるカギに

 

 

 

 

では、サイトの信頼度をどのように検索エンジンは判断しているのでしょうか。

IT技術が進化し、AIの性能がより高度化した現時点でも、まだ検索エンジンがすべての内容を人間のように理解して判断するまでに至っていません。

どうやって判断しているのかといえば、1つはリンクの多さです。

 

 

 

他のサイトからリンクを貼られているということは「他のサイトにとっても参考になる記事や情報が掲載されているだろう」「他のユーザーにとって役立つ記事や情報がたくさん掲載されているサイトなのだろう」と検索エンジンがリンクの数で判断するという流れになります。

 

 

 

そのため、SEO施策としてはリンクを貼ってもらう数を増やすことも重要性を帯びています。

 

 

 

■役立つサイトかがポイント

 

 

 

 

とはいえ、まったく知らないユーザーやサイトからどうやってリンクを貰えばいいのでしょうか。

アフィリエイター同士で連携して、リンクをし合うのか、それとも、自分でサテライトサイトやブログを量産してリンクを貼られたように自作自演をすればいいのでしょうか。

 

 

少し前にはリンクを買う方法も横行していました。

人工リンクを買ってリンクを貼ってもらうというものですが、この方法も今では検索エンジンに露見し、敬遠されるようになっています。

 

 

それよりも、自分のサイトやサテライトブログに役立つ情報や、ネットユーザーに興味を持ってもらえる、話題となるようなコンテンツを発信して、リンクを増やすほうが検索エンジンには響きます。

 

 

 

一気にリンクを増やすのは難しいことですが、たとえば、毎日1記事ずつ更新して、その記事1つにつき1リンクを貰うことができれば、毎日続けることで月に30リンクが集まります。

 

 

記事の量産よりも、内容のある記事を毎日1つじっくりと書き、それにリンクを貰える環境を作り出す人気ブロガーになる場合や、読者が更新を楽しみにするブロガーになるのも1つの方法です。

 

 

 

 

ネットビジネスを始めた後の壁。広告で収益を上げる編

 

 

アフィリエイト広告で収益を上げるためのSEO施策の壁を超えよう。

 

 

 

 

■SEO施策でPVを増やすためには

 

 

 

アフィリエイトで収益を上げるためには、ご自身で立ち上げたブログやホームページにアクセスしてもらい、広告をクリックしてもらうことや、広告経由で品物を購入してもらい、サービスを利用してもらう必要があります。

 

 

もっとも、クリックや購入、利用という直接収益に繋がるアクションをもらう前に、そもそもそのサイトにアクセスしてもらわないことには意味がありません。

 

 

そこで、PVを増やすためのSEOが大切になってきます。

 

かつてSEO施策といえば、ネットユーザーが興味を持つようなキーワードや、広告に関するキーワードをとにかく山ほど入れるといった単純な方法が採られていました。

 

 

 

ですが、今ではこの単純な方式は検索エンジンには効果がなくなっているどころか、キーワードだけを散りばめた内容が薄いサイト、本来ユーザーが探しているのとは違うサイトと判断され、検索の上位から外されてしまう虞があるのです。

 

 

そのため、単純にキーワードの数を増やすのではなく、キーワードを適量含んだユーザーに関心を持たれる意味のある記事を増やしていくことが、検索上位ランキング入りやPVアップに繋がります。

 

 

 

■他サイトからリンクを貰うコツ

 

 

 

単にキーワードの数が多いだけでは検索エンジンから敬遠される場合や劣位に落とされてしまいますが、キーワードをほどよく含む人気の記事や、他のサイトからのリンクがより多く貼られている記事は検索上位にランキングされる傾向が強くなっています。

 

 

なぜ、リンクが多いとランキングの上位に行くのかというと、検索エンジンが他のユーザーにも参考とされる役立つ記事を書いているとか、興味が持たれる記事を書いている、納得できる記事や信頼性の高い情報が盛り込まれているサイトだと判断するためです。

 

 

 

検索エンジンはいくら精巧になっても、今のところ、完全に内容を理解する能力はありませんし、正当性や信頼性を見極めるものではありません。

 

 

ではどうやって、サイトの品質や有用性を判断しているかというと、他のサイトからどの程度リンクを貰って参照され、信頼されているかで判断しています。

 

 

この点、リンクが貼られる数が多いサイトのリサーチ調査によれば、ランキング10位のうち、面白コンテンツが2つ、残る8つはお役立ちコンテンツになっています。

 

つまり、面白いからシェアされてリンクが貼られる可能性もありますが、よりリンクが貰いやすいのは、いかに役立つ記事を書けるかや役立つ情報を提供できるかにかかっています。

 

 

中でも人気のコンテンツが恋愛指南や婚活を成功させるノウハウ記事、体験談なので、意識して書いてみるといいかもしれません。

 

 

また、一気にリンクを貰おうとするのではなく、1記事あたり1リンクを目標に毎日書いていけば、1記事で100のリンクを貰うような、大当たりの記事が書けなくても壁をクリアできるはずです。

 

 

 

 

■自分でサテライトブログを作って更新しよう

 

 

 

サイトのPVを上げるためには、サテライトブログを作る方法も有効です。

 

サテライトブログを作る目的は、メインとなるサイトのアピールをしてメインサイトのPVを上げること、そしてメインサイトにリンクさせて検索順位をアップさせることにあります。

 

 

もっとも、ただブログを立ち上げてもダメで、定期的に更新をしていくことが大切です。

 

 

メインサイトが頻繁に更新されており、サテライトブログを更新し続けることでユーザーに信頼してもらうことが大切です。

 

 

 

ほとんど更新されないメインサイトでは、ユーザーは怪しいサイトや利用されていない放置サイトかと思い、情報が古いと判断する場合や品物を買っても送られてこないのではないかと不安に思って通り過ぎてしまいます。

 

 

サテライトブログの更新で現在も生きている情報であることを伝えるとともに、メインサイトにブログの更新情報をアップさせれば、現在も稼働していることをよりアピールできます。

 

ネットビジネスを始めた後の壁。リストを取る編

 

購買意欲を継続的に高めリピート購入を促すためのリストの重要性

 

 

 

■リスト取りの重要性

 

 

 

アフィリエイトで稼ぎたいという場合、商品の購入やサービスの利用に結び付けることが大切ですが、いかにサイトに訪れたとしてもすぐに買ってもらえるとは限りません。

 

 

 

興味を持って訪れたけれどそのときは購入に至らなかった方は、ターゲットの対象外かというと、潜在的な購入客として大いにターゲットになります。

 

 

今は買わなかったけれど、欲しい気持ちや興味があるので、なにかのタイミングやなにかのキッカケで買う可能性があります。

 

ですが、そのまま放置してしまえば、自分のサイトで興味が深まったのに、他のサイトで購入のアクションを起こすなど、ほかにお客さんを取られてしまう可能性があります。

 

 

そのために、いかに自分のサイトに引き寄せ続け、いざ買う際には自分のサイトを利用してもらえるかのために、リスト取りが重要となります。

 

 

 

■こちらからセールスをかけられる

 

 

 

リスト取りの一番簡単な方法はブログなどの読者登録や、メルマガへの登録です。

 

 

ブログの読者になれば、ブログを更新するたびに興味や関心をアップさせたリ、薄れてきた関心をかき立て、その方の琴線に触れる記事や情報を伝えることで購入の最終行動に繋げることができます。

 

 

またメルマガに登録してもらえば、メルマガの配信によってダイレクトにセールスをかけられますし、メルマガでお得なキャンペーンを配信して購入に繋げたりすることができます。

 

 

メルマガに登録するくらいの方は、セールスも承知で登録し、いかにお得に買えるかを狙っているので、成約率も高まります。

 

また、一度購入した経験がある方にメルマガを送ることもアフィリエイト収入のアップに繋がります。

 

 

 

一度購入して満足した方はリピーターになる見込みがあり、継続的な購入や定期購入が見込まれるため、他で購入されないようにメルマガを定期配信してリピーター客を逃さないようにするのがおすすめです。

 

 

 

■リストを得るためにプレゼントを用意しよう

 

 

 

興味ある商品やサービスであれば、メルマガに登録してくれる人が増えますし、興味ある記事や役立つ記事を配信できればメルマガの登録者を増やせます。

 

 

ですが、商品やサービスの知名度が低い場合や珍しいものであるケースや、なかなか関心を持ってもらえる情報が配信できないと悩んでいる場合には、メルマガ登録をしてもらうために、プレゼントを準備するのもおすすめです。

 

全員もれなくプレゼントはリスト集めには効果的ですが、運用や費用が大変になるので、抽選でプレゼントが運用的には楽です。

 

 

誰もが欲しいと思うような目玉商品を1つ準備し、抽選の申し込みのためにメールアドレスを登録してもらえれば、リストがスムーズに集まります。

 

 

 

その際に営業のメール配信やメルマガ配信に同意してもらい、継続的なアプローチやセールスをかけていくことで、プレゼントの当選の有無とは別に、売りたい商品やサービスの宣伝と購入アクションに繋がります。

 

 

 

■コピーライティングスキルを上げて行動意欲をかき立てる

 

 

 

購入意欲をかき立てるには単にメルマガを定期的に送ることだけでは足りません。

メルマガ配信のタイミングで購入に結び付く方は、最初のころより購入意欲が増していて、次のタイミングが来れば買おうと思っていた方が多く、メルマガの到着が最後の一押しになったに過ぎません。

 

 

 

 

一方、まだそこまで購入意欲が高まっていない方や、購入のタイミングでない方に購入のアクションを起こさせるには、コピーライティングが大切になります。

 

いかに欲しいと思わせ、買いたいと思わせ、今すぐ手に入れたくなるように読者の関心と興味を湧かせ、購入したいと思わせるコピーライティングのスキルを磨くのが早道ともいえます。

 

 

ネットビジネスを始めた後の壁。コンテンツを売る編

 

 

コンテンツを売ることで稼ぐのと広告収入はどちらが有利?

 

 

■どんなコンテンツを作る?

 

 

 

アフィリエイトで収益を得ていこうとチャレンジし始めた後、壁となって立ちはだかるものの1つにコンテンツ販売で稼げないという壁があります。

コンテンツ販売とは情報商材やアプリを購入してもらう場合や有料メルマガへの登録、記事を読むのに課金する、イラストや画像を購入する、デジタル漫画を読むためにお金を取るなど、情報やデータを売って収益を得る方法です。

 

 

 

そこで、どのようなコンテンツを作成すれば売れるのか、または稼ぎが大きくなるのかが問題となります。

 

 

情報商材やアプリを売るという場合、作成や開発に一定の時間や労力を要する分、販売価格も高めに設定するのが一般的です。

 

 

一方購入した側からすれば、ある程度の成果を感じられる、内容に納得し、機能に満足した場合や、役立ったと思えなければ、詐欺商法などとしてレビューに書かれたり、SNSで情報が回されたり、ブログを立ち上げられたりして購入者がいなくなってしまうため、ある程度開発に力を入れ、優良商材やアプリを作る必要が出てきます。

 

 

 

これに対して単価が安い場合、たとえば、1記事を読むのに数十円に設定する、1イラストの提供で100円といったケースや、メルマガに登録してもらい、URLクリックで1円といった場合には、いかに利用者や登録者を増やすかがカギを握ります。

 

 

 

■コンテンツ販売と広告収入のコスパを比べてみよう

 

 

 

コンテンツ販売の場合、情報商材やアプリの作成に時間や労力は要しますが、一度作ってしまえば、要はデータの複製を売るだけなので、仕入れコストもかかかりませんから、成功すれば収入も大きくなります。

 

 

 

たとえば、情報商材の作成に1日費やして労力を時給換算して1日1万円はかかったと考えた場合、もし単価を2万円に設定すれば、1つ売れただけで倍の利益が出ます。

 

 

5千円に設定としても2人購入してくれればコスト分の売上になり、3人買ってくれればコストを上回ります。

 

 

旬の情報ではなく、長く関心を持ってもらえるネタで作れば、一度労力をかけてコンテンツを作成した後は、サイトへのアクセスを増やして関心を持たせて購入意欲を促せれば、サクサクと稼ぐことができます。

 

 

これに対して広告収入で稼ぐ場合には、広告単価にアクセス数にクリック数率をかけたものを乗じる形で決まります。

 

 

広告単価は1クリック1円とか、1銭単位の場合もあるのでアクセス数を増やすとともに、クリックしたくなる仕組みを作っていかないといけません。

 

 

サイトにアクセスさせるためのSEO施策をはじめ、クリックしたくなるような広告選びなどをしないと、収益が上がりません。

 

 

サイトにアクセスが増える仕組みを作れば、自分でコンテンツを作る必要はないので楽ですが、いずれにしてもアクセス率やアクション率のアップがコスパの向上に繋がります。

 

 

 

■アクセス数はどのくらいがベスト?

 

 

 

コンテンツを売って稼ぐにも、広告収入で稼ぐにも重要となるのがアクセス数です。

 

さらにアクセスした方の中から、どのくらいの率でアクションを起こしてくれるかも収益に大きな影響を与えます。

 

 

 

広告収入として考えた場合、月刊で1万PV以上になると月に数千円から1万円程度が一般的で、PV数と同等の数値かまたは10分の1程度になります。

 

 

ブログで稼いでいる方の場合、アクセス数が高いと言われる人気の芸能系トレンドを紹介するブログの場合は月間400万PVで月収は100万円近くなることもあります。

 

 

この場合は月収の4倍あまりのPVが必要になりますが、広告単価によっても大きく異なるため、あくまでも1つの例です。

 

 

 

 

広告収入でいくら稼ぎたいかにもよりますが、月に10万円を稼ぎたいなら、広告単価に応じて10万PVか100万PV程度のアクセスを目指すのがいいでしょう。

 

 

ネットビジネスを始めた後の壁。コピーライティング編

 

 

コピーライティング技術が上がればアフィリエイトで稼げる

 

 

■アフィリエイトを始めて乗り越えたい壁

 

 

 

アフィリエイトで稼ぐには提供する商品やサービスを購入してもらうことや、利用してもらわないといけません。

 

 

怪しげなサイトや初めてみる商品を信頼してアクションを起こしてもらい、購入や利用に結び付けるには、いかに魅力的に商品やサービスをアピールするのかが重要になってきます。

 

 

これを左右するのがコピーライティング技術やノウハウです。

 

 

■なぜコピーライティングが重要なのか?

 

 

 

アフィリエイトで稼ぐためになぜコピーライティングが重要となるのでしょうか。

商品が魅力的で、便利なサービスが提供できればいいのではないかと思っていては、いつまで経っても売れません。

 

 

 

いかに商品がよくても買おうという意欲が働かない限り、人は動きません。

 

 

特にネットのように商品が目の前で見られない、触れない、初めての商品やサービスで効果が分からないものはすぐには手が出ません。

 

 

 

そこで、購入や利用のアクションを促すためには、関心を引き寄せ、信用してもらい、行動に移してもらうことが大切になります。

 

 

アフィリエイトで収益を上げるために乗り越えたい壁、それは人の関心と信用アクションです。

 

 

そして、この3つの壁を乗り越えるために必要な技術が、人の心を動かし、アクションを起こす意欲を起こすコピーライティングになります。

 

 

 

■ダメなコピーライティング

 

 

コピーライティングはなんでもいいから商品の魅力やサービスの魅力を、アピールすればいいのではありません。

人がアクションを起こすための壁を超えられない、コピーライティングでは意味がないのです。

つまり、関心が沸かない文章、分かりにくい文章、信用できない文章では、人の心は動かせず、アクションには結び付きません。

 

 

 

アクションに結び付かないということは、すなわち、アフィリエイトで稼げないことを意味します。

 

 

ネットユーザーに興味を与えて、理解してもらい、信用を得て行動してもらえるコピーを書くためには、ネットユーザーの心理を知り、なにを伝えたらどんな反応をするのかをリサーチして臨み、心ときめくようなコピーを書き上げましょう。

 

 

 

■どんなコピーライティングならネットユーザーの心をとらえるの?

 

 

 

同じことを伝えるにも、コピーライティングの技術や表現力で大きく変わり、ネットユーザーの関心や興味の度合いも大きく変わります。

 

 

たとえば、「ホットケーキの作り方」はあまりに普通過ぎて関心を引きません。

これに対して「美味しいホットケーキの作り方。」なら少し関心がアップするかもしれません。

 

 

さらに「ふっくらふわふわ!とろける食感のホットケーキが作れる方法。」となればどうでしょうか。

 

 

ちょっと作ってみたくなる、ちょっと知りたくなりませんか。

 

 

また、「材料3つだけ。家にある材料で簡単にふわふわホットケーキレシピ。」とあれば、ずぼらな方や料理が得意でない方、とにかく簡単に美味しく作りたい方、失敗したくない方も集まってきます。

 

 

 

 

 

「失敗なし!材料3つだけのホットケーキの作り方。」でもよいかもしれません。

 

つまり、ネットユーザーが日頃どんなことに関心を持ち、どんなことを求めているのかに焦点を当てて、コピーライティングをすればいいのです。

 

同じホットケーキの作り方でも、ネットユーザーの求めていることや関心事に焦点を当ててライティングすることで、一気に注目度がアップします。

 

 

 

 

■関心を引く効果的なコピーライティングを

 

 

 

では、ダイエット食品を売る、脚痩せグッズを売るとなったらどうでしょうか。
「人気のダイエット食品。」「これであなたも美脚に。」ではまだまだ弱いです。

 

「たった3ヶ月で10キロの驚きの方法があった。」

「モデルが実践している秘密の方法。」

「痩せ過ぎてごめんなさい。」

 

 

など痩せたい人や美脚に憧れている人、モデルさんのようになりたい人が多いことを捉えてキャッチ―に書けば、注目度が高まります。

 

 

是非これらを意識して文章構成を考えてみてください。

 

 

 

 

有料電子書籍が無料で読めます。

 

 

現在出版記念としまして、 『3ヶ月以内に自動で毎月10万円以上稼ぐ仕組み作りの教科書』 『何をしても成功する金持ちマインド』 上記2点をプレゼントしています。

 

 

ブログでは言えないお金の稼ぎ方もメルマガ限定で無料配信していますので よかったら読んでみてください。

 

 

メールアドレスを入力すれば即時に受け取れます。

 

 

『90日以内に自動で毎月10万円以上稼ぐ仕組み作りの教科書』
『何をしても成功する金持ちマインド』を読んでみる

 

 

 

 

 

 

記事、ブログに関しての質問などございましたらこちらの

 

公式ラインから気軽にご質問ください。

 

かっつん公式ライン

 

友だち追加

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

9件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です